スポンサードサーチ

   

「あなたっ、できたわよ!」
玄関を開けた妻の口から、弾んだ幸せそうな声。

   

男性育児その瞬間、何か部屋中に幸せが充満したかのような・・・
そんな気がしました。

   

「ええっ、
父親になるのか・・・俺が!」

   

一瞬、大きな責任や重みも感じましたが、
素直に子どもを授かった喜びの広がりが自分のこころを充たしてくれました。

   

それからの出産、育児の日々・・・
幸せを感じながらも、初めての子ども・・・
ということもあり、
つわりで苦しむ妻の姿や大きなお腹をさすって喜ぶ姿、病院で右往左往する自分・・・

   

いろいろなことがありました。
そんな
「初めての夫婦の妊娠、出産体験記。そして、育児日記」

   

自分が感じたこと、苦労したこと、嬉しかったこと・・・
そんなことを体験サイトとしてまとめてみました。

   

少しでも、初めての妊娠、出産、育児のあなたに
お役にたてたなら幸せです。


男性育児・出産の情報

妊娠8ヶ月(お母さんの目線)

妊娠8ヶ月(28週)頃の検診で赤ちゃんが逆子と先生から言われました。

先生は「自然に治る事が多いですよ」と言ってくれましたが、
初産の私からするとやっぱり心配です。

その不安を打ち消すため、先生から教えてもらった逆子を直す体操をしたり、
寝る時に左半身を下にしたりと、いろいろ努力をしました。

初めての出産だから何もかも不安だったけど、2度の出産を経験した友達に相談すると
「私も2人共逆子だったけど、いつの間にか直るから心配しなくても大丈夫よ」と言ってもらえました。
友達の言う通り、妊娠30週目を迎えた検診の頃には、いつの間にか治っていてほっとしました。

逆子が治る瞬間に、お腹の中で赤ちゃんが回るのがわかる人や、
赤ちゃんがお腹を蹴る場所が違ってくる事で気付く人などがいるようですが、
私の場合は気付かなかったですね。

幼児湿疹

最近うちの娘がお風呂上りによく体を掻くようになった・・・
そう思い出して半月ほどが経ちました。

ぱっと見た目には分からないけど、触ってみると少しザラザラした様な感じがするけど
もしかしてアトピーだろうか?


ちょうど三種混合の予防接種があったので、医師に相談してみました。

お医者さんが言うには、アトピーではなく乳児湿疹だそうです。
もちろん塗り薬(軟膏)をくれたのですが、薬だけで治療するのではなく、
普段から注意する事もいくつか教えてくれました。

夫の出産エピソード

我が家には、出産時の忘れられないエピソードがあります。


妻の初めての妊娠 
妻の努力もあり、お腹の赤ちゃんも、お母さんも順調に出産に向かっておりました。

このまま行くと安産かな? と思っていましたが、
出産2ヶ月前くらいから、足などに浮腫みが出てきて 血圧も高めに。

そして出産予定日 ちょうど定期健診を受けている最中に破水。
急遽荷物を取りに帰って そのまま入院となりました。

その日は私は仕事中でしたので、すぐには行けませんでしたが、
仕事が終わり次第 病院に飛んで行きました。

夫の出産エピソード2

看護婦さんから怒られた当初は、妻もさすがに不安に思ったらしく、心配そうにしていましたが、
分娩室で安静にしているうちに次第に落ち着いてきて 血圧も下がり始めました。

これで落ち着いて、出産が迎えれるね と話をしていた時に
忘れられない看護婦さんの登場です!

入って来るなり また怒られ(まぁ ここまでは仕方がないのですが)・・・

「あなた あんな事してたら死にますよ!」
「血圧が高いと言う事は、力んだ時に血管が切れて死ぬんですからね!」

と 死 と言う言葉をストレートにぶつけて来ました。

出産シュミレーション

さてここまできたら、いよいよお産の本番です。
ここからは、お産に対しての心構えや、ヒント、夫として何が出来るか?を考えてみましょう。


まずは、お産の始まりのサインである陣痛や破水に関してです。

出産を経験した、お母さんの約60%が出産の始まりのサインとして最初に陣痛を感じています。
陣痛とは、子宮が伸縮する事に伴って起こる痛みの事で、陣痛は生理痛のような痛みだったり、腰に痛みを感じたり、下痢のような感じがしたりで、痛みの感じ方は人それぞれですが、1時間に6回以上のお腹の張りや、痛みを伴うようなら、それは本格的なお産の始まりです。

回数が6回以下で痛みが軽度でも、張りや、痛みが定期的な感覚で感じる様なら、それは陣痛の始まりですので、病院に連絡を取り、落ち着いた行動を取りましょう。

また痛みや張りが不規則な状態でも、痛みと張りが繰り替えすようなら、前駆陣痛かもしれません。本格的な陣痛になっていくこともあるので注意して下さいね。


妊婦さんは、痛みをこらえるのと、赤ちゃんを産む事への不安など、多くの事と闘っていますから、旦那さんが近くにいる場合は、病院への連絡と搬送はもちろん。
陣痛を、始めて感じた時の時間や、その間隔を計っておくなど、徹底したサポートに廻ってあげて下さい。


こういう時、男性はかえって焦ってしまいバタバタした行動を取りがちになる様ですので、
普段から、奥さんのお産が始まる時の事をシュミレーションしておきましょう。

出産ニュース情報


TOPPAGE  TOP