スポンサードサーチ

病院選び

産院選び

妊娠がわかったら、次は産院選びです。 

とは言え僕はもちろん妻も産婦人科には全く行った事はなく
いったい何処の病院がいいのか? さっぱりわかりませんでした。
廻りの人には内緒にしていたので何処がいいの?なんて聞けませんし・・・


悩んだ末に頼ったのがパソコンの「ソーシャルネットワーキングサイト」
(ネット上で日記を公開したり、コミュニティを使って情報を共有したりするサイトです)
サイト上のコミュニュティで○○市(現在住んでいる地域)に
「○○市でお勧めの産婦人科はありませんか?」との新しいトピックスを作った所
たくさんの人から情報を頂きました。


「○○病院が施設が整ってましたよ」とか「△△病院は看護師の対応が良かった」などの良い意見から「□□病院は待ち時間が長い」や「××病院は先生が愛想が悪い」などの悪い意見まで教えてもらったので非常に参考になりました。
結局サイト上でも評判が良く、家からも距離が近い病院に決めました。


ですが「ソーシャルネットワーキングサイト」をやっていない人や、人の意見ではなく自分で探したい人は何を参考に産院を探せば良いのか?
いくつか産院選びのポイントを挙げてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサードサーチ


産院選びのポイント

一口に産院と言っても、大学病院などの大きな病院から助産院まで様々な種類の産院があります。主な違いは医療設備やスタッフの人数、妊娠や出産に対する方針です。
それぞれに利点と欠点がありますので内容を理解した上で自分達の希望に沿った産院を選びましょう。


1.大学病院

        大学病院は研究機関でもあるので最新の医療が受けやすいです。
        産婦人科以外の科も豊富なので緊急時の対応が受けやすく、
        医療設備とスタッフの数も充分確保されており難産が予測される様な
        リスクのある妊婦さんでも比較的安心して出産に臨めます。
        その反面大学病院の数が少ない事と
        通院した場合も担当医が決めにくく、研修医が立ち会う事もある様です。


2.総合病院  

        総合病院は大学病院と同じで、産婦人科以外の科も豊富で緊急時の対応が受け
        やすく、医療設備とスタッフの数も充分確保されている上に大学病院よりも身近に
        ある場合が多いです。 
        ただし診断ごとに医師が替わったり、診断時間が短い傾向がある様です。


3.産婦人科・ 専門病院

        20床以上のベット数のある産科専門の施設の事を産婦人科専門病院と言います。
        大学病院や総合病院だと病気を持った一般の患者さんに会う確立もありますが、
        産婦人科専門病院だとその心配はほとんどありません。
        また担当医もある程度指名出来る場合が多い様です。
        ある程度の医療設備とスタッフの数は確保されていますが、万が一院内で対応出
        来ない状態になったら関連病院へ搬送されます。


4.母子専門病院

        産婦人科専門病院と同じ様に20床以上のベットがあり、産科だけでなく小児科も
        ある病院です。
        妊娠から出産・産後まで母子ともに続けて診察してもらえるので安心。


5.個人病院 

        ベット数が19床以下で個人が経営している病院です。
        担当医が指定しやすく、規模が小さい分対応が細やかな病院が多いですが、
        病院によって医師の数や設備に差がある様です。


6.助産院 

        助産師が開設している入院の出来る出産施設を助産院と言います。
        医療の介入がないので自然なお産ができ、産後のケアも充実しています。
        助産師は医療介入が出来ないので正常産のみとなります。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP