スポンサードサーチ

初診

初診を一緒に受けた夫の気持ち(体験談)

妊娠発覚時に産婦人科へパパと一緒に初診に行く妊婦さんは、全体の約3割だそうです。

まだまだ少ないですよね?
1人で行く妊婦さんが6割 残りは実母と行ったり友達と行ったり・・・らしいのですが
夫婦2人の子供です。忙しいとか恥ずかしいとか言わずに、出来る限り夫婦揃って産婦人科へ行きましょう。

恥ずかしくて不安なのは、きっとあなたの奥さんも同じ事ですし、パパが一緒だとママの気持ちも随分楽になるでしょう。

  

さて初めて産婦人科に行った感想ですが、今までの病院のイメージとはかなりかけ離れていました。

待合室がとても綺麗で椅子もゆったりとくつろげる感じ!
嬉しい事にコーヒーやお茶のサービスまで付いてるし、チャイルドルームもあるので、小さい子供も迷惑をかける事なく、楽しそうに遊んでいる。
さすがに評判が良かっただけの事はあります。

 

早速予約の確認に行くと診察券を渡され、いくつか説明してくれました。
診察券には個人の番号が書いてあり、待合室のテレビ画面を見ると何番目か順番がわかる様になってるし次の予約は病院ではもちろん 携帯やパソコンからでも受付ているそうです。
この辺りでは、めずらしい最新のシステムに素直に関心しました。

  

夫婦揃って、とてもリラックスした気持ちで待合時間を終え、いよいよ診察です。
結果は予想通り妊娠しており、改めてパパになる実感がわいてきて感動!!
ですが先生にとっては日常茶飯事の事なのか、案外簡単に診察が終了してしまい正直拍子抜けしました。(^^

やっぱし、ある程度質問する事は考えとかないと駄目ですね。

スポンサードサーチ


初診を受ける場合の注意事項

病院が決まったらいよいよ初診ですが、すぐに病院に直行しないでまずは電話連絡で予約が 必要かどうかを確認しましょう。
最近は産婦人科医の不足が深刻化してきており、地域によっては病院はいつ行っても大混雑で、予約なしではすぐに診察を受けられないようなケースも多いようです。

  

持って行く物は 保険書と質問したい内容を書いた手帳などの筆記用具、つわりが酷い人はレモン味のキャンデーなんかを持っておくと安心ですよ。
体温をまめにつけている人は基礎体温表を持って行くと妊娠の判断や排卵日を知るのに役立ちます。

  

病院にもよりますが初診金額が5000円から場合によっては1万円を越える場合もありますので、たりない事がないようにある程度準備しておくか事前に電話で確認しておきましょう。

服装はフレアーやプリーツなどの長めのスカートがお勧めです。
どうしても下半身を診断しますので、ズボンの場合は下スッポンポンになってしまいますからね。

  

初診の場合いくつか問診がありますので、最後の生理がいつ頃だったのか?
今までした大きな病気 出産を希望するか?
出産方法の希望 などいくつか頭の中で整理しておきましょう。

尿検査もありますので、通院前にジュースや果物などの甘い物を取りすぎると尿糖が出る事がありますので注意して下さい。
焦って行動すると血圧が上がってしまい血圧測定で高めの数値が出てしまうなんて事もありますので、時間には充分余裕を持って落ち着いて行動しましょう。

  

病院内では医療機器に誤作動を防ぐ為に携帯電話の電源はOFFにしておいて下さい。
たくさんの妊婦さんがいますので喫煙はもってのほかです!
病気がちな場合は通院は控えた方がいいでしょう。
付き添いのパパさんは待合室の椅子は妊婦さんを最優先にして下さいね。

  

初診を受けた病院で出産しなければいけないと言う訳ではありませんので、病院の雰囲気や先生と看護婦さんの対応などをチェックしておきどうしても気になる事があれば、他の産院に当たってみて納得出来る産院を探すのもいいかもしれません。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP