スポンサードサーチ

タバコ

タバコ

妊婦さんにとって最も良くないものの1つがタバコです。

タバコに含まれるニコチンには胎盤の血管を収縮する作用がある為、赤ちゃんに充分な酸素や栄養素が届かなくなります。
タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結合すると、母子共に低酸素状態となり、流産の可能性が高くなります。

他にもタールやシアン化合物など多くの有害物質が含まれており、流産や早産、低出生体重児のリスクが高まる事もわかっています。 

妊婦さん本人が吸うのはもちろん 副流煙の影響を考慮しパパや周りの人の協力も必要です。
とは言え喫煙者にとって禁煙は難しい物ですので、
周りの人は、どうしても吸いたくなったら副流煙の影響がないよう外や別室で吸う様にしましょう。 妊婦さん本人が吸う場合は、口寂しくなったらガムやお茶、軽い運動で気分転換して禁煙に努めて下さい。

タバコを吸うたびに、赤ちゃんの苦しむ顔を想像して禁煙出来た人もいる様です。

もし妊娠発覚前に気付かずタバコを吸っていた様な場合は、気付いた時点で禁煙すれば、 赤ちゃんへの影響は心配する事はないですよ。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP