スポンサードサーチ

アルコール

アルコール

アルコールはタバコほど深刻に考える必要はありませんが、それでも習慣的に飲酒していると、 流産や早産、赤ちゃんの発達障害などの影響が出る事もあります。

胎盤にはフィルター機能があるのですが、アルコールには無力の為ママがお酒を飲むと、赤ちゃんも酔っ払ってしまう事を忘れずに。
ママにとっては「ちょっと一杯」のつもりでも赤ちゃんの負担はかなりのもの!
出来るなら禁酒するのが望ましいですね。

パパが飲酒する分には問題はありませんが、ママがお酒を控えている様ならパパも量を減らすなどして協力してあげて下さいね。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP