スポンサードサーチ

カフェイン

カフェイン

コーヒー、紅茶、緑茶、コーラなどの一部炭酸飲料に含まれるカフェインには血管を収縮する作用があり、血のめぐりを悪くします。
また胎盤を通しておなかの赤ちゃんにも届きますので控えめにしましょう。

とは言え、全く飲んでは駄目と言う訳ではありません。
コーヒーなら一日2~3杯程度なら大丈夫ですよ。

あまり多く取りすぎると、赤ちゃんの体内にカフェインが蓄積され、赤ちゃんの肝機能はまだ未熟ですから、カフェインを分解するのに大人の約20倍の時間がかかってしまい赤ちゃんの体に大きな負担がかかってしまいます。

常飲には水、麦茶、ほうじ茶、番茶、野菜ジュースなどがお勧め!

ハーブティーはノンカフェインですが種類によっては、子宮収縮作用があるものもあるので、 購入する時はお店の人と相談して下さい。
どうしてもコーヒーを飲みたい人は、ミルクを加えてカフェオレにしたり、ノンカフェインのコーヒーを飲むなど工夫して飲みましょう。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP