スポンサードサーチ

妊娠36週目

妊娠36週目

子宮底が下がる事で、今まで感じてた胃の圧迫感がとれて、すっきりしてきます。
お腹の張りが頻繁になり、前駆陣痛と呼ばれる軽い子宮収縮を感じる事も。
出産に向けて体の準備が進み、子宮口も柔らかくなってきます。


予定日より早い出産の可能性も考えて、そろそろ入院に備えて準備をしておきましょう。
お母さんと赤ちゃんの着替えや、母子手帳、産褥ナプキンや産褥ショーツなど必要な準備は、病院によって違いますが、いつでも入院出来るように、必要な荷物を1つのカバンにまとめておくといいですね。


もし陣痛を感じて、感覚が短くなってきたら、早めにシャワーを浴びてすぐに病院に連絡しましょう。

赤ちゃんは、いつ産まれても元気に生きていけるように、内臓器官も発達し、皮下脂肪も十分についています。
頭の大きさは体の4分の1くらいで、頭の骨も硬くなっています。
ほとんどの赤ちゃんは、頭を下げた状態で骨盤の中に入っており、体の前で手足を組み、産まれて準備をしています。


出産本番を迎えると、お母さんのお腹の中から出てくる為に、自ら備わった力で体の向きを変え、回旋しながら産まれてきます。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP