スポンサードサーチ

妊娠8ヶ月(お母さんの目線)

妊娠8ヶ月(28週)頃の検診で赤ちゃんが逆子と先生から言われました。

先生は「自然に治る事が多いですよ」と言ってくれましたが、
初産の私からするとやっぱり心配です。

その不安を打ち消すため、先生から教えてもらった逆子を直す体操をしたり、
寝る時に左半身を下にしたりと、いろいろ努力をしました。

初めての出産だから何もかも不安だったけど、2度の出産を経験した友達に相談すると
「私も2人共逆子だったけど、いつの間にか直るから心配しなくても大丈夫よ」と言ってもらえました。
友達の言う通り、妊娠30週目を迎えた検診の頃には、いつの間にか治っていてほっとしました。

逆子が治る瞬間に、お腹の中で赤ちゃんが回るのがわかる人や、
赤ちゃんがお腹を蹴る場所が違ってくる事で気付く人などがいるようですが、
私の場合は気付かなかったですね。

妊娠30週を過ぎた頃には、だんだんお腹も大きくなって、夜になってもぐっすり眠れず
夜中に何度も目を覚ます事が増えたり、息苦しく少し呼吸もしにくいと感じる事もありました。
辛かったですが、赤ちゃんが元気に成長している証拠と自分に言い聞かせて頑張りました。

気になっていた妊娠線の予防に、おなかにガードル(妊娠ベルト)を巻いたり、
市販の妊娠線を予防するクリームを毎日の日課として塗っていましたが、
ある日突然おへその下に2~3cmの線が2本ほど出てしまいショックでした。

それなりに気を付けてきたつもりだったのに、出る人は出てしまうものなのでしょうか?
これ以上酷くならないといいんですが・・・

スポンサードサーチ

関連記事



TOPPAGE  TOP