スポンサードサーチ

出産シュミレーション

出産シュミレーション

さてここまできたら、いよいよお産の本番です。
ここからは、お産に対しての心構えや、ヒント、夫として何が出来るか?を考えてみましょう。


まずは、お産の始まりのサインである陣痛や破水に関してです。

出産を経験した、お母さんの約60%が出産の始まりのサインとして最初に陣痛を感じています。
陣痛とは、子宮が伸縮する事に伴って起こる痛みの事で、陣痛は生理痛のような痛みだったり、腰に痛みを感じたり、下痢のような感じがしたりで、痛みの感じ方は人それぞれですが、1時間に6回以上のお腹の張りや、痛みを伴うようなら、それは本格的なお産の始まりです。

回数が6回以下で痛みが軽度でも、張りや、痛みが定期的な感覚で感じる様なら、それは陣痛の始まりですので、病院に連絡を取り、落ち着いた行動を取りましょう。

また痛みや張りが不規則な状態でも、痛みと張りが繰り替えすようなら、前駆陣痛かもしれません。本格的な陣痛になっていくこともあるので注意して下さいね。


妊婦さんは、痛みをこらえるのと、赤ちゃんを産む事への不安など、多くの事と闘っていますから、旦那さんが近くにいる場合は、病院への連絡と搬送はもちろん。
陣痛を、始めて感じた時の時間や、その間隔を計っておくなど、徹底したサポートに廻ってあげて下さい。


こういう時、男性はかえって焦ってしまいバタバタした行動を取りがちになる様ですので、
普段から、奥さんのお産が始まる時の事をシュミレーションしておきましょう。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP