スポンサードサーチ

陣痛室

陣痛室での過ごし方

陣痛室では、まず体温や血圧を測り、分娩監視装置をつけて、赤ちゃんの心拍の様子と、お母さんのお腹の張り具合、子宮収縮を調べます。


分娩室に移動するまでの間は、好きな音楽を聴いたり、誰かとおしゃべりしたり、出来る限りリッラックスして過ごしましょう。
足湯や入浴で体を温めて緊張感をほぐしたり、軽い食事を取ってもいいようです。
ただし、程度の差こそあれ多くの妊婦さんは、今まで経験した事のないような痛みにパニックになりがちです。
産院の助産師さんにマッサージの方法を聞いて、廻りの人はサポートしてあげましょうね。


私の妻は、腰や背中を擦ってあげると楽になった様です。
しかし陣痛の波によって、時には擦らない方が良い時もあり、陣痛がピークの頃には、それを口で伝えるのも辛かった様です。
なかなか難しいですが、妊婦さんの気持ちを出来るだけ察してあげたいですね。


子宮口が全開大(約10cm)になったら、いよいよ分娩室に移動となります。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP