スポンサードサーチ

出産一時金

出産・育児でもらえるお金

出産や育児でもらえるお金には、様々な種類があります。

もらえるお金の手続きは、誰かが教えてくれたり手続きしてくれるものではないので、自分達でしっかりと勉強して、貰い損ねる事がないようにしましょう。


ママは子供を産み育てる事で大忙しですので、
出来る限りパパが頑張って手続きする様にして下さい。

用紙の記入には、素人が読んでもわかりにくい所もあるので、事前に準備して、用紙をもらった時に、いろいろと聞いておくのがお勧めです。


里帰り出産などで、手続きする所から離れる場合は、特に注意しましょう。

スポンサードサーチ


出産育児一時金

■■■■■■■■■■ もらえる人の条件 ■■■■■■■■■■

健康保険の被保険者 または被扶養者で、妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した人。
死産や切迫流産の場合でも、妊娠月数4ヶ月以上ならば支給可。


■■■■■■■■■■ もらえる金額 ■■■■■■■■■■

子供1人につき最低35万円、双子なら70万円、三つ子なら105万円。
加入している健康保険や自治体によっては付加給付といって、いくらかプラスされる事も。


■■■■■■■■■■ 準備する時期 ■■■■■■■■■■

産前に手続きする場合は出産予定日1ヶ月前から(この場合は産院へ支給)。
産後に手続きする場合は出産後なるべく早く。
出産してから2年以内なら請求出来るが、2年を1日でも過ぎると受理されなくなるので注意!


■■■■■■■■■■ 用意すべき物 ■■■■■■■■■■

========== 産前に手続きする場合(出産費貸付制度) ==========
出産育児一時金請求書     
母子健康手帳 または出産予定日を証明する書類
振込み先口座番号

========== 産後に手続きする場合 ==========  
出産一時金請求書
健康保険書
母子健康手帳
振込先口座番号
印鑑


■■■■■■■■■■ 受け取り期間 ■■■■■■■■■■

========== 産前に手続きする場合 ==========  
退院するときに産院に給付 
(不足した場合は自己負担 余った場合は指定した口座に後日振りまれる)

========== 産後に手続きする場合 ==========  
申請してから約2週間~2ヶ月後に指定した口座に後日振りまれる。


■■■■■■■■■■ その他 ■■■■■■■■■■

ママが働いており、自分で健康保険に加入している場合、子供の扶養はパパとママどちらの保険でも大丈夫ですが、原則としては収入の多い方の被扶養者となります。
ただし出産育児金の請求に関しては、どちらでも選択が出来ますので、パパとママの健康保険を比べてみて、出産育児一時金や付加給付金が多い方を選びましょう。

ママが妊娠・出産を機会に会社を退職し、健康保険から脱退しても、脱退後6ヶ月以内なら以前の健康保険から出産育児一時金の請求も可能です。

出産育児一時金請求書には出産した事を証明する為に、医師・助産師又は市区町村長が証明する覧がありますが、産院によっては、証明覧に記入するのに、お金がかかる場合も。
役所に行けば、無料で記入してくれますよ。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP