スポンサードサーチ

確定申告( 医療費控除 )

確定申告(医療費控除)

■■■■■■■■■■ 対象となる人 ■■■■■■■■■■

家族全員の医療費が1年間(1月1日~12月31日)に10万円を超えた世帯
または所得が200万円未満の人の1年間の医療費が所得金額の5%を越えた世帯


■■■■■■■■■■ もらえる金額 ■■■■■■■■■■

還付金計算式で計算された金額

還付金計算式
(1年間の医療費合計)-(出産育児一時金や医療保険の入院給付金などで補てんされる金額)-(10万円又は所得200万円未満の人は所得額の5%)=医療費控除額
医療費控除額×所得税率=戻ってくる金額

所得税率
源泉徴収票の給与所得控除額の金額から所得控除の合計額を差し引いた金額を課税所得金額と言い。

課税所得金額が
195万円以下なら5%
195万円以上330万円以下は10%
330万円以上695万円以下は20%・・・ など最高40%までの全6段階

例)出産を含み医療費が1年間で50万かかった場合(課税所得金額を10%とする)

医療費50万-出産育児一時金35万円-10万円=5万円
5万円×課税所得金額10%=戻ってくる金額5000円


■■■■■■■■■■ 申請する時期 ■■■■■■■■■■

確定申告受付期間内(毎年2月16日~3月15日)


■■■■■■■■■■ 用意する物 ■■■■■■■■■■

確定申告書(税務署や役所で入手可 当日でもOK)
病院や交通費などの領収書 
源泉徴収票
申告者名義の振込先口座番号
保険金など充填される金額がわかるもの 確定されていなければ、その見込み額
印鑑

■■■■■■■■■■ 受け取り期間 ■■■■■■■■■■

申請してから1~2ヶ月後

■■■■■■■■■■ その他 ■■■■■■■■■■

医療費控除の確定申告は、家族全員分の領収書の管理など大変な部分が多く、医療費控除自体では、大した金額が戻らないケースが多いのですが、申告する事で場合によっては、収める所得税や住民税が安くなる可能性もありますのでしっかりと申告しましょう。

一口に医療費と言っても、どこまでが含まれるのか?なかなかわかり難いですよね。
対象となる物とならない物を、ある程度まとめてみましたので、参考にして下さい。

========== 医療費の対象となる物 ==========
医師、歯科医師による診療または治療費
治療、療養に必要な医薬品の購入費
入院や通院時の電車、バス代
入院時に必要な食事代
不妊治療や人工授精費用・出産費用(ただし、出産育児一時金がある場合は差額のみ対象)
海外旅行先で支払った医療費

========== 条件しだいで対象となる物 ==========  
成人のおむつ代
患者の世話をする家政婦代
差額ベッド代
マッサージ、はり、お灸
歯列の矯正費用
入院、通院時のタクシー代

========== 医療費の対象とならない物 ==========  
自家用車で通院する場合のガソリン代
健康診断、通常の人間ドック費用
栄養ドリンク代
カイロプラクティック費用
予防接種費用
診断書作成代
眼鏡・コンタクト代

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP