スポンサードサーチ

出産時のお金手続き体験談

出産時のお金の手続き体験談(その1)

出産時に市町村からもらえるお金は住んでいる地域や、ママの健康保険の内容、勤務年数などによって様々です。

私の場合、住んでいる地域は愛媛県今治市。
市としての出産・育児に対しての取り組みは、普通ぐらいだと思います。
妻は結婚を期に以前勤めていた百貨店を退職し、しばらく専業主婦を経験して、再びタオル工場に再就職したのですが、約2ヵ月後に妊娠が発覚!
すぐに勤務先に相談し、就職後3ヶ月半ばで退職する事となりました。

タオル工場は国民健康保険に加入していたので、1年以上勤務していれば出産手当金を受けとれたのですが、3ヶ月半ばではさすがに受け取れませんね。
妻が退職した時は知らなかったのですが、出産手当金は40万以上ある事が多いので、もう少し勤務しておけば・・・と今になって後悔しています。

出産手当金以外にも働くママがもらえるお金は、育児休業給付金や失業給付金の延長もあり、働くママを支援する制度は多い様です。
実際に私の妻が受給出来た支援金は、出産育児一時金(35万円)・児童手当金(0~3歳まで1万円 3歳~小学校6年生まで5000円)・乳幼児の医療費控除・・・
それに今治市がチャイルドシートを購入した場合に、支給してくれる援助金の5000円。
私の勤務先が全労災に加入していた事で、全労災からも6000円頂きました。

皆さんの住んでいる地域は出産に対して、どんな補助制度がありますか?
あなたの奥さんの勤務状況や保険の制度は?
出産を迎える前にもう一度じっくり確認してみて下さい。

スポンサードサーチ


出産時のお金の手続き体験談(その2)

私が実際に受給出来た主な支援金、出産育児一時金、児童手当金、乳幼児の医療費控除のうち出産前から申請が出来たのは、出産育児一時金で、出産予定日の1ヶ月前からの受付でした。

出産後はやはりバタバタしますし、支援金の手続きをするにも、ママは赤ちゃんの世話で大忙しですから、出産前に出来る事は、済ませておきたいですよね。
とは言っても初めての事で、どうして良いのか全くわからず、とりあえず市役所の児童科に電話してみると、加入している保険(船員保険)だと市役所ではなく、社会保険事務所になるとの事。
さっそく社会保険事務所に行き、その場で手続きを済ませてきました。

申請手続きをする人の中には、書類を一度自宅に持ち帰る人もいるようですが、素人には少しわかりにくい所もありますので、窓口で済ませる方が良いですよ。
この時、母子手帳と振込先口座番号、印鑑を忘れずに持参して下さい。

出産前に手続きする場合は、役所(又は社会保険事務所)から産院に、出産費用を直接支給する形になり、出産育児一時金が出産費用に対し不足していれば、差額分は個人で支払い、逆に出産育児一時金が出産費用に対し余れば、余った分は指定した口座に振り込まれる形になります。

スポンサードサーチ



Page: 1

TOPPAGE  TOP